授業の目標
日本語
グローバル企業であるIBMのビジネス変遷の歴史とそれを取り巻く環境の変化と対応を一つのケースとして理解することを通じて:
• テクノロジー企業の創業から隆盛・衰退・変革と時代の変化への対応を理解する。
• ビジネス展開とファイナンシャル構造を、IBMと日本企業とで比較検討し、日本とグローバル社会の違いを理解する。
• ビジネスマネジメントの基礎的な知識と要点を理解する。
• これらを通じて、アントレプレナーシップがいかなるものかを知り、自ら新しいビジネスを興すことへの興味を喚起させる。

 授業の内容
日本語
講師自身のIBMでの32年間の実務体験に基づき、IBMという企業の変遷の歴史を解説する。その中で、実際に起こった事実とその背景にある理由を紐解くことにより、新しく事業を始めること、事業の持続と発展、時代に沿った変革の重要性、これらへの気づきと理解を高める話題を提供する。授業の端々に、ビジネスマネジメントの基礎となる用語や概念の解説を織り込み、さらに起業への興味を喚起する話題を提供して、アントレプレナーシップの意識醸成と基礎知識の修得を促す。

授業スケジュール:
第1週 IBMの創業から隆盛期
第2週 経営破綻の淵からの生還
第3週 日本におけるIBM事業展開の隆盛から衰退
第4週 IBMとトヨタのファイナンシャル・レポートの比較分析
第5週 IBMのグローバル経営と研究開発ビジネス戦略
第6週 IP(知的財産)ビジネス開発
第7週 マーケティングと契約・交渉
第8週 シリコンバレー/グローバル社会から見る日本

※内容は適宜変更となることもあります。

This course gives fundamental knowledge about information processing and technology.